大阪府守口市・門真市で、地元を豊かで住みよい郷土づくりに貢献する商工会議所の若手集団

守口門真商工会議所青年部
 Young Entrepreneurs Group

6月例会「お金と数字の話」


6月17日、ビジネスサクセス委員会主催の例会「お金と数字の話」がありました。

講師は岸和田商工会議所メンバーでタムラ会計事務所の田村一也氏でした。

ワークショップセミナーとして、経営に携わる私たちにとって非常に大事なテーマであり、且つ興味のあるメニューでした。

まずはじめは「決算は誰のため」というテーマでした。私は自分のためでもあるし、会社や銀行提出のために必要だという認識でしたが、改めて言われると違う意味合いがあるのかなと思いました。その答えは1税

務署のため、2銀行のため、3社長(自分)のため、というものでしたので、概ね合っていましたので安心しました。

2つ目のテーマが決算書の種類でした。決算書は必ず銀行が見るものであり、会社の体力や成績表みたいなものと認識していましたが、答えはA貸借対照表、B損益計算書、C株主資本等変動計算書、D個別注記表、Eキャッシュフロー計算書、でした。改めて言われるとなるほどと思い勉強になったセミナーでした。この様な経営に掛かる話は中々聞けないのでどんどんやって欲しいと思います。有難うございました。

(右山新吉)

9月例会1 9月例会2 9月例会集合写真